学校に行ける安全な社会を希望します。

子供が学校に行けない親は、義務教育に関し罪に問われるのか考えます。所謂不登校というものです。この場合親も子供も罪に問われないのです。親は、学校に行く手続きをちゃんと行い、子供を学校へ行かせます。ところが学校でいじめ等に合い学校に行けない事例があります。その場合親のも子供にも落ち度は、ないのです。学校に行くほうが危険な場合もあります。義務教育は、教育を受ける権利があるということです。昔は、たとえば農家の場合農作業の担い手として作業に使い、学校に行けない状態もあります。このようなことで子供を学校に行かせないことを防止する意味で無料で9年間普通教育を受けることを義務としたいきさつがあります。不登校とかにならずに学校に行ける社会を実現して欲しいです。